アフィリエイトサイトの稼ぎ方の失敗例

アフィリエイトを行う上で、一切の失敗をしないということはまずありえません。これは普通のお店で広告を出すのと若干の違いはありますが、どんなに成功のノウハウが確立されていると言っても全部がそのノウハウに当てはまり、実践するだけで成功するなら誰しもがぼろ儲けしているわけですからありえない話です。ですから、肝心なのは失敗して原因を掴んで方向性をしっかりとした方向に舵取り出来るか否かになってきます。

まずアフィリエイトで失敗する例として多いのは、拡散方法のミスです。ネット界隈においてはよく見かけるのが炎上商法などと言われるモノで、過剰な事を行ってユーザーの目を惹きつける方法ですが、アフィリエイトにおいては非常にこれは悪手です。まずアフィリエイトを行うということは広告を出すことであり、炎上させるということは確実にアンチと呼ばれる”それを見て不快に思う人間”を作る行為でもあります。広告を出す側としたら無関心はまだしも、敵視されるような関係は避けたいので非常に炎上商法を使うようなサイトは避けたがるものです。故意でなくても、炎上はアフィリエイト低下の原因にもなりかねませんので、注意が必要です。

次に多い例としては自己投資の失敗です。これは中古ドメインやサイトコンテンツを作る為にあれこれと投資したのにそれが上手くいかない案件で、折角良い撮影機材を購入したのにサイトで思ったほど撮影映像を使わなかったとか、折角有料プラグインを購入したのに全然役立てて居ないというもので、収益よりも支出が多くては失敗と言わざるを得ません。これはサイト運営の方向性を見直したり、コンテンツ内容を広げるなどして購入したモノを利用できるコンテンツへと活かして行ける切り替えが出来れば一転して十分な意味を持たせられるので、自己投資の判断ミスは発想と機転で取り返すことが出来る失敗例と言えます。

そして最後に多分これが一番の多いかと思いますが、継続力の問題です。サイト運営を行う中で集客数を集めていく、それを維持継続していくためには当然良質なコンテンツが必要不可欠ではあります。ただそれだけではユーザーの意欲は徐々に落ちてしまうモノで、”飽き”が来てしまえばアフィリエイトを収益に影響が出てしまうわけです。大切なのはそのコンテンツ一つではなく、恒常的に更新や新しい情報をサイトに入れる事でユーザーの意識に波を立てる事です。ただ、これには自分もそれだけ間違いのない情報を仕入れなくてはならない上に、先に述べた通り”炎上”させてはいけません。常に新鮮で新しい情報を、上手く刺激する程度に出していくバランス感覚を伴った継続力が重要だという事です。