アクセス数が伸びないときに見ておきたいポイント

サイトリリースをしてから、アクセス数に伸び悩む場合に、まずは誰しもがコンテンツを見直すことから始めるのが一般的です。これは間違いありませんし、実際にそれでコンテンツがより洗練されたり、充実していけば、時間はかかりますがアクセス数は確実に伸びを見せるはずです。

これでもアクセス数が伸びないという場合には、もっと違う視点を持つ必要があります。第一にキーワードの部分に着目してみてください。サイトを探す上で何かしらの被リンクなどやランキングサイトなどの紹介でやってきた以外は、大抵の人は検索エンジンでキーワードでサイトを探してきます。そのキーワードとなる単語のほとんどが、他の競合サイトと被って居たら当然集客は取り合いとなり、相手のサイトが検索上位だった場合には当然こちらに来る前で大抵の人が流れてしまいます。検索ワードを決める際には誰でもが調べやすい、ビッグワードばかりでなく、特定の人だけが検索を掛ける様なスモールワードを上手く織り込むことで、競合上位サイトとの差別化に努めるのが集客率を広げる第一ポイントです。

では、そうやって検索上位相手のスキを突くような方法ばかりで、順位が逆転するまで待つのかと言えば、そんな事はありません。あくまでも上記の方法は検索してもらうための下地作りです。重要なのは【自分のサイトを調べて貰うキーワードが確立された】後です。コンテンツがしっかりとして、キーワードが固定化されれば緩やかにはアクセスは伸びるはずですが、待つことよりも拡散を意識した方がここでは良いです。

というのは、伸びないと感じるまでにも時間が掛かっているので、見直してからまた時間を使ってしまうのは、アフィリエイトをする上では非常に損が大きく、実際良質化したと考えているコンテンツがどれほどの成果になるかの選定や、場合によってはその部分に悪手がある可能性もあります。SNSなどを使って積極的な拡散を行い、コンテンツの見直しと選定を積極的に繰り返すことで、更なる案も生まれてきます。当然、拡散方法もSNSに限らずTwitterや紹介動画を作るなど、いろいろな方法がありますので何も方法を一つに限定する必要もありません。

まとめると、コンテンツの質は大丈夫かどうか、そしてサイトを検索するキーワードは独自性があるか、最後にその拡散方法は十分な効果を出ているかというのがアクセス数が最初に伸び悩んだ場合のポイントとなります。