まず読んでおきたい、アフィリエイト収益本5選

アフィリエイトを行う上で、いろいろな知識があった方が確実に良いのは言うまでもありません。特にアフィリエイトを行うからにはビジネススキルがあった方が良い側面もありますし、人の目を惹くような文章の書き方と言った単純なビジネスというより対話術や対話と文章の違いを注視した本などもあると良いです。【お金と心を動かす会話術】や【褒め活】などはアフィリエイトの商品を勧めたり、人の購買意欲をくすぐるのに役立つはずです。後は人によっては余り関わることが無いマーケティング関連の本、特に始めてWebマーケティングに関わるという人には【沈黙のWebライティング】などがお勧めです。

沈黙のWebライティングは、初心者からも読みやすいWebマーケティング関連の本でストーリー仕立てで基本的なWebデザインの事やペナルティ解除の事など、初心者が知っておきたい知識を取り扱っており、このストーリー仕立てになっているというのが非常に初心者にも読みやすくとっつきやすいものになっている本です。

体験談をもとにした【ブログ飯】も非常におすすめできます。決して専門知識があるわけでも、何かで有名だったわけでもない著者が、妻一人子一人を養えるほどの収益を得られるくらいのブロガーとなるまでの実体験に基づいた解説を交えつつの本で、この体験談というのが非常に現実味を与えてくれますし、何よりも自分にお十分起こり得るかもというモチベーションにもなります。実際ブログをやってみようという人でなくても、本としての魅力もありますのでブログ飯はおすすめできる書籍と言えます。

最後にこれはアフィリエイトに限った話ではなくお薦めなのが、【ドリルを売るには穴を売れ】です。タイトルのままに、物売りの基本となるのは道具を売るのではなく、道具を売るためには道具を使い状況を売るのだという思想です。需要があれば物は必然的に売れていくわけで、マーケティングも基本はそこにあります。アフィリエイトを行うにも、まずブログを繁栄させたいからSEOを良くしたい、SEOを良くしたいから内部や外部を見直して中古ドメインなどの多種にわたった方法を使ってなどといった具合に道筋を考える物で、アフィリエイトを行う上ではマーケティングは欠かせないモノです。ドリルを売るには穴を売れ、改めてタイトルを見て考えてみれば、当たり前じゃないかと思ってしまう事ですが、人間は焦るとその基本を忘れてしまうモノですし、何度もこれは実例を読んだり聞いたり、また自分で体感して慣れることで骨身に成るモノです。アフィリエイトを行うに限らず、この一冊は幅広くの人にお勧めしたい書籍です。