【2019年度】注意したい8つのアフィリエイトの法律
地球とカーソル

アフィリエイトをするということは副業を行うということであり、雑収入を得ることに成ります。当然そこにはいろいろな法律が関わってきますし、特に2019年現在の今もネットワーク関連の法律は整備が進んでいるためにいくつかを概要だけでも理解しておく必要があります。

例えば良くかかわるのは【著作権法】や【特定電子メール法】【個人情報保護法】はネットを使う上で重要ですし、アフィリエイトを行う上では、【金融商品取引法】や【景品表示法】なども関わってくる他に、【所得税法】などが絡んできます。扱うジャンルによっては【薬事法】や【賃金業法】などにも関わることがありますので、よくかかわる上記8つを簡単に見て行きます。

まずは所得税法ですが、これは所得が増えることで必然的に所得税の計算が変わってきますし、本職での副業許可の問題もありますし、主婦などが収入を得る場合にも個人での確定申告が必要になってくる年間収入額などもありますので、その金額だけでも確実に抑えて置かないと違法行為に抵触してしまう可能性があります。

次に賃金業法ですが、最近法律相談事務所が特に頻繁に動いているように非常にその利息制限が引き下げられているなど、法改正がされているところですのでその手のアフィリエイトに手を出す場合には、認識を間違えていると嘘情報を流してしまう可能性があります。近い事例ですが特定電子メール法、要は迷惑メールに関する法律ですが受信側に同意が必要などの法律改正がありますので誤認に陥りやすい案件です。同じ様な事で薬事法もこの傾向が強いです。2019年度に限らず、薬事法は新薬や医療関係の状況、進展でその内容を改正されていますので、安易に医療関連のアフィリエイトを行うと勘違いで問題が起こりかねないので注意が必要です。

そしてアフィリエイトを行う上では個人情報保護法や著作権法に抵触しかねないことが多いです。特にブログなどを行う際には、著作権に関わっている画像や映像の添付、またブログで賛美する意見などであっても個人情報に抵触する情報や顔写真の転載には相手側が望んでいない場合に抵触してしまうことがあります。

アフィリエイトを扱う上で、外せないのが金融商品取引法と景品表示法です。一見して金融商品取引法はアフィリエイトに直接かかわりが無いようにも感じますが、金融証券などの情報を出す際には広告においてもリスクの点の言及が無かったり、手数料関係に触れた上で大きな文字等で見落とさない様に告知しなくてはならないなど、難しい案件です。これと同じ様な事で景品表示法においても、取り扱う商品のおススメポイントやある程度誇張表現も起こるでしょうが、相手に誤解を招くような内容になっていると抵触してしまう可能性があります。

こういった点から、今あげた8つの法律は扱うアフィリエイト次第ではありますが、確認しておくことをおススメします。

サイト内検索
人気記事一覧
5
【2019年度】注意したい8つのアフィリエイトの法律

2019年07月16日
(197 Views)