パソコンの画面とノートパソコン
公開履歴

ネットワーク社会化が進んで、なにをするにもスマホやタブレットPCが手放せなくなってきた昨今で、ネットワークビジネスが非常に注目されるようになってきています。その一つがアフィリエイトと言うもので、個人サイトに広告バナーやリンクを掲載する事で、自分のサイトの閲覧数やクリック数、直接そのバナーからの購入と言った成功報酬に応じた収入を得ると言った広告ビジネスです。

実際に個人レベルでアフィリエイトサイトを作るのもそう難しい事ではなく、基本的には普通にサイトを立ち上げて、そこにアプリなどで登録しておいたアフィリエイトサービスサイトからの広告などを掲載するだけで簡単に始めることが可能です。ですが、先に述べたようにこのアフィリエイトというビジネス手法は、あくまでもサイトがどれだけ賑わっているかやサイトから直接購入ページを開いたり買い付けてくれた数を集計しており、始めたからと言ってすぐに大きな収益が得られるものではありません。

そんなアフィリエイトを効率的に行うために、自分のサイトをにぎわせる為に必要なのが被リンクの存在です。この被リンクというのは、外部の他のサイトから自分のサイトへと直接やってくることが出来るリンクの事で、自分が贔屓にしているサイトなどが【ここが今注目のブログです】とか書いてあったら誰だって興味を惹かれるでしょうし、一度くらいは見に行ってみようと思うもので、この被リンクが多く合えばあるほど当然サイト閲覧数や利用者、さらにはアフィリエイトにおける成功報酬は見込めるという話です。

その被リンクを得るためにも、まずはいろいろな人にいち早く自分のサイトを見て貰わないと話しになりません。そこでサイトを早くに立ち上げるのと同時に、新規ドメインではない中古ドメインでのサイト立ち上げを今回はおススメしていきます。この中古ドメインですが、新規ドメインとどんな違いがあるのかというと、まず第一に中古ドメインなんて聞くと使い古しという感じで悪い印象を持つ緋とも居るかもしれませんが、ネットワーク内に置いては一概にそうではありません。ネットワークないでは長く使われているドメインというのは、老舗の様な扱いでそれだけで一定度の【信頼】を受けており、活用法次第では早い時期から人の目につく運用法が可能です。特にアフィリエイトを行っていく上では、新規ドメインと比較した場合にその反映速度は明らかに違いがあり、中古ドメインの活用法次第では非常に大きなアドバンテージとなります。

記事一覧
2019年11月14日
2019年10月5日
2019年8月30日
2019年8月5日
2019年7月16日
2019年6月27日
2019年6月12日
2019年5月28日
2019年5月13日